バックナンバー

音に生きるNo.9 winter

音に生きるNo.09 winter
●2008年12月11日発売
●雑誌コード:06018-1
●発行:クレタパブリッシング

  【特集】全65ページに渡る総力特集 作曲入門

いい曲とはなんだろう?
おぼえやすいメロディと、
それに乗って胸に飛び込んでくる詞の世界。
カッコいいコード進行やリズムも大事な要素だ。
しかしそれらは、
小手先の知識から生まれてくるわけではない。
自分の中にある世界をどこまで1曲に込めて、
惜しまず出し切れるかがもっとも重要なんだと
『音に生きる』は断言する。
その手助けになるための
経験談や理論、テクニックを集めた。
そこをまず理解してから、
今回の特集にじっくりと取り組んでほしい。
近い将来、キミの心の中から
名曲が生みだされるかもしれない

【Contents】

プロローグ「曲づくりとは?」

音楽業界の第一線で活躍するアーティストにとって、“曲づくり”とはどういうものなのだろうか。初めての曲づくりから新曲のできた経緯、秘伝の作曲テクニックまでを網羅したスペシャルアーティストインタビュー!

・GO!GO!7188
・藍坊主
・SHERBETS
・ART-SCHOOL

コードからつくる作曲術

そもそもライヴってどうすりゃできるの? というあなたに、高校生・大学生それぞれから始める初ライヴのケーススタディと、そんな初ライヴを失敗しないためのテクニックを完全レクチャー!

楽譜を使ってバンドで作曲してみよう!

音楽の基本はドレミファソラシド。ここではそんなドレミファソラシドを楽譜に並べるだけで曲ができるカンタン作曲法を大公開! その作曲法を使ったバンドの曲づくり実践レポートと合わせて完全解説。

若きチャレンジャーたちの作曲奮闘記

オリジナル曲をつくり始めたばかりの高校生は、一体どういう方法で曲づくりをしているのだろう? そんな高校生の作曲にせまる密着レポート。

アレンジャー直伝/バンドアレンジスーパーテクニック

曲ができたら次はアレンジ。『曲って何分で終わらせるもの?』『うまく転調するには?』そんなアレンジの疑問にプロのアレンジャーが徹底回答。埋もれていたあの曲が名曲に?!

プロの現場大研究/OCEANLANEの作曲術

待望のニューアルバム『CROSSROAD』を1月にリリースするOCEANLANE。曲づくりについてのインタビュー、アルバムの全曲セルフ解説に加え、アルバム製作中のスタジオに突入してわかった彼らの曲づくりテクニックを独占公開!

簡単録音リニアPCMレコーダーカタログ

話題のリニアPCMレコーダーは、曲づくりにも最適だった! 全9機種のバンドマン向け機能とスペックを取り上げたオリジナルカタログ


BACK NUMBER


No.10 の詳細


No.09 の詳細


No.08 の詳細


No.07 の詳細


No.06 の詳細


No.05 の詳細


No.04 の詳細


No.03 の詳細


No.02 の詳細


No.01 の詳細

☆バックナンバーの購入方法

連載

情熱の人【少年ナイフ】

先日、通算14枚目になるニューアルバム『SuperGroup』を発表した少年ナイフ。結成27年を迎え彼女たちが歩んできた道のりと、その音楽にかける情熱を聞く。

THE POWER OF MUSIC
【RADIOHEAD来日公演と“エコ”】

先日、4年半ぶりの来日ツアーを行なった、イギリス出身の世界的ロックバンドRADIOHEAD。そのツアーに込められた数々の“エコ”への取り組みとその影響にせまる。

Dreamer「Drummer & Singer Songwritter」

音楽で生きていくことを決意し、惜しみない努力を重ねていく日々。今回はドラマー、そしてシンガーソングライターを目指して音楽学校に通っているドリーマーたちを紹介。これまでの歩みと独自の夢へのアプローチ法を語る。

音楽業界大研究「気になる楽器編」

最近話題のガジェット系楽器や、革新的な発想のアコースティック楽器。さまざまなバックボーンを武器に独自のやり方でその楽器を生み出した開発者(担当者)が開発秘話、そして今の楽器業界について熱く語る

File01. TENORI-ON
File02. 茅ヶ崎カホン
File03. KAOSSILATOR
File04. Cole Clark

期待のあのバンドに独占インタビュー【東西バンド対決】

東東西のバンドパワーがさく裂するこのコーナー。ジャンルも活躍の場もバラバラのバンドたちだが、音に込める熱い気持ちはみな同じ。彼らの姿勢には“音に生きる”ヒントがあふれているぞ。東西のバンドパワーがさく裂するこのコーナー。ジャンルも活躍の場もバラバラのバンドたちだが、音に込める熱い気持ちはみな同じ。彼らの姿勢には“音に生きる”ヒントがあふれているぞ。

東/avengers in sci-fi
西/騒音寺
東/赤い疑惑
西/ザ・たこさん

巻末ロングインタビュー【泉谷しげる】

日本フォーク界の大御所でありながら、ドラマや映画、バラエティー番組などでも活躍する泉谷しげる。還暦を迎えた彼は音楽と人生、そして今の世のなかについてどのように考えているんだろうか。歩んできたこれまでの道のりをふまえながらじっくり語ってもらった。

どんな曲でもこれでバッチリ【ギターコード表】

どんな曲でもこれでバッチリ「ギターコード表」

PDF を見るには Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerのダウンロード

その他、さまざまな企画が盛りだくさん!

音に生きるNo.09

全国書店にて12月11日(木)発売!!


最新号紹介へ

contentsに戻る