バックナンバー

音に生きるNo.5 winter
●2007年12月8日発売
●雑誌コード:06018-1
●発行:クレタパブリッシング
表紙:横山 健

年齢という壁

振り返ってほしい。
14歳の悩みは深く深く胸をえぐり、苦しみや痛みを連れてきた。
17歳では残酷なほどの選択を強いられ、眠れない夜を過ごした。
そして25歳。夢をあきらめようとする心が見えた。
年齢を重ねることによって生まれてくる壁。
それでも、徐々に大きくなっていく不安を突き破りながら前へと歩き続けてきた。
そのたび折れそうな自分の存在を感じながら…。
年齢はときとして“壁”を連れてくる。
だがそれは突きぬけてしまえばその瞬間から壁ではなくなる。
重く苦しいかもしれないが、一歩踏み出してみることだ。
今号の特集では、音で生きたいすべての人がそれぞれの壁にぶち当ったときのために、さまざまなジャンルから活躍する多くの人たちの言葉を紹介する。

#1 ロックアーティストに聞く「年齢という壁」

横山 健/NICOTINE/THEイナズマ戦隊/HAWAIIAN6

Hi-STANDARDのギタリストとして国内ロック史上に残る数々の実績を打ち立て、バンド活動停止後も自身のレーベルPIZZA OF DEATHを軸に精力的な活動を続ける横山 健。08年で結成15年、メンバーにShunpを加え新たなステップを踏み出そうとしているNICOTINE。つねに直球勝負のフロントマン・上中丈弥が強引なまでにバンドを牽引するTHEイナズマ戦隊。結成から10年、パンクシーンをリアルタイムで体験してきたHAWAIIAN6。この4組のロックアーティストにロングインタビューを敢行した。彼らにとって“年齢の壁”とはいったいどのようなものなのだろうか、またどのようにしてそれを乗り越えてきたのだろうか…。

#2 女性アーティストに聞く「年齢という壁」

つじあやの/島谷ひとみ

99年にミニアルバム『君への気持ち』でデビューしたつじあやの。20代最後の年を迎える彼女は、年齢と努力と作品についてどんなことを考えているのだろうか。また音楽に焦がれ、音楽を愛し、今もなお音楽にあこがれ続ける島谷ひとみ。天真爛漫に見える彼女にも人知れず涙を流し、努力の日々があったと言う…。そんな2人の女性アーティストにロングインタビューを敢行。それぞれにターニングポイントはいつ訪れ、彼女たちはそれをどう突き破ってきたのだろうか…。

#3 音楽業界人に聞く「年齢という壁」

DJクリス・ペプラー/BMG JAPAN・A&R/魔法のiらんど・編成

長寿番組『TOKIO HOT 100』を筆頭とするJ-WAVEのナビゲーターとして、またCM、ナレーションでおなじみの声の主として幅広い活動を展開するクリス・ペプラー氏。レコード会社の移籍当時すでに20代後半だったSEAMOの復活劇を実現したレコード会社BMG JAPANのA&R柏木竜一氏。ケータイ小説『恋空』を生んだ人気サイト魔法のiらんどの編成・草野亜紀夫氏。それぞれ立場の異なる3人の音楽業界関係者に「年齢の壁」について話を聞いた。それぞれの立場からみた「年齢の壁」とはいったいどのようなものなのだろうか…。

#4 全国ミュージシャン50組に聞く「年齢という壁」

音楽とともに生き、今日もまた音楽に明け暮れるミュージシャンたち。彼らにとっての「年齢の壁」とはどのようなものなのだろうか…。日本全国で活動中のミュージシャンに突撃取材を敢行した。彼らの生の声も参考に、これまでのこと、そしてこれからのことをじっくり考えてみてほしい。

■協力してくれたミュージシャン(掲載順)
■KING BROTHERS、ザ・たこさん、アンチノイズ、isis、e-sound speaker、SGホネオカ、サンゼン、Girl Friday、GLORY JACKPOT SYSTEM、Cure Rubbish、ghostnote、ザ・ガールハント、C.C.P、コーチガリー、THE PLACE、CWC、sappy、ジャズネコ、Shadow and Act、JUGONZ、Junglin’Junks、chocolatre、STANDING ACCORD、chunk、Stay Awake、Zews、Defthline、TENTERA、Due Dio、24-two four-、Dogma、not great men、トレモロイド、N.O.Balance、ハーベストドライマー、ハミリーコンプーター、HONEY SAC、BASK IN THE SUN、Hiza:ki、ビビビビ、4PSYCHED、FREEASE BEATS、HEY-SMITH、ワールプール、BLUE SONIC、Lucky13、MASTER TEMPO、LEO今井、ゆやゆよん、BO-PEEP

【特集付録】オトイキゲーム
ひとたび目指せば、楽しさはもちろん、その分いくつもの困難が待ち受けている「音の道」。その道のりにはどんな苦楽があるのか? ここではアーティストになるうえでのターニングポイントを皮肉たっぷりのすごろくゲームにまとめてみた。アーティストを目指してコマを進めよう!


BACK NUMBER


No.10 の詳細


No.09 の詳細


No.08 の詳細


No.07 の詳細


No.06 の詳細


No.05 の詳細


No.04 の詳細


No.03 の詳細


No.02 の詳細


No.01 の詳細

☆バックナンバーの購入方法

THE POWER OF MUSIC
〜「命の灯火」横浜アリーナに輝いた1万2千の星〜

湘南乃風・若旦那インタビュー
「若い力で、みんなの力で国を変えたいと思った」。湘南乃風・若旦那はあるドキュメンタリー番組を観たことがキッカケで『ドラッグ・ラグ』という壁に立ち向かうことに。そして若旦那の想いに共感し、同じ志を持った仲間とともに幾多の困難を乗り越え、去る10月6日にチャリティライヴ『てるてるいのち』を開催。この『てるてるいのち』のライヴリポートに若旦那へのインタビューを織り交ぜ、音楽の持つ力をあらためて考えてみる。はたして若旦那の想いはみんなに届くのだろうか…。

情熱の人 〜居場所を求めて〜

音楽家・藤江 博(Jimisen)
伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス。彼にはいつも居場所がなかった。その運命は生まれたときから始まり、死ぬまで彼につきまとった。ジミの音楽―それは自分が追い込まれた場所から逃れるための唯一の手段だったのかもしれない…。そんなジミをなぞるかのように居場所を求め、音楽という大海原を泳ぎ続けているあるひとりの音楽家の音楽人生に迫る。

MEISTERS 音に生きる職人〜ライヴ系〜

音の世界にはさまざまな職人が存在する。独自の価値観やこだわり、熟練のワザがそこにあり、彼らはそれを駆使し、表現し発信し続けている。今回はライヴの仕事に焦点を絞り、ライヴカメラマン、コンサートプロモーター、ライヴハウスオーナー、舞台監督、、PAの仕事場を密着リポートする。

今を生きるDreamer

音楽で生きていくことを決意し、惜しみない努力を重ねていく日々。今回はサウンドエンジニア、ヴォーカリスト、ギタリストを目指し、好きな音楽を仕事にしようと日夜がんばっている3人のドリーマーを紹介。それぞれの、独自の夢へのアプローチ法を探る。

業界人お宅拝見

音楽業界で働く業界人の自宅を訪問。どのくらいCDを持っているんだろう? どんなオーディオを使っているんだろう? 冷蔵庫の中身は? 仕事場ってどうなっているんだろう? そんな疑問を徹底的に探求。今回は音楽雑誌『ADLIB』の編集者のお宅へお邪魔しま〜っす!

Fashion&Music atGG07

どんな音楽を聴いているのかな? どんなファッションをしているのかな? 音楽の街で道行く“音楽な人”のFashion&Musicをチェックするこの企画。 今回は神奈川県・横浜アリーナで開催されたMUSIC ON! TV主催のGG07を突撃取材! みんなのフェスファッションをチェックしてきたゾ。

スタッフが選ぶ冬の100枚〜凍てつくような1枚〜

今号のテーマはズバリ「凍てつくような1枚」。個性豊かな(?)『音に生きる』編集部とその周辺スタッフが、テーマに沿ってオススメのアルバム100枚をセレクト。ジャンル不問の和洋折衷なセレクトは、はっきり言ってもうハチャメチャです…。

巻末/DJ KAORI

ミックスCDのトータルセールスが160万枚。無理のない自然なスタンスを貫きながら“ありえない”数字を生み出しているDJ KAORI。言うまでもなく彼女は日本を代表するDJだ。年月に育まれた「音楽」に対する想いや音楽活動について、そしてこれからの夢などを語る。

音に生きるNo.05


最新号紹介へ

contentsに戻る