バックナンバー

【特集】夢に向かって一歩ずつ生きる日々
grow up

自分を知ること/HOME MADE 家族
04年のメジャーデビュー以来、数々のヒットチューンを連発しながらシーンを駆け抜けてきたHOME MADE 家族。3年目に突入した今、KURO、MICRO、U-ICHIの3人はなにを考え、どこへ進もうとしているのだろうか? 8月下旬に行なわれた野音でのライヴリポートを交え、HMKU結成秘話から現在に至るまでとこれからを語るロングインタビュー

ちゃんと貫く意志/絢香
ファーストシングル“I belive”、“melody”、“Real voice”、“三日月”、そしてファーストアルバム『First Message』をリリース。デビュー以来、飛ぶ鳥をも落とす勢いで快進撃を続ける絢香。そんな絢香がこれまで感じてきたことや、歌への思いを語ってくれた。絢香が歌に託すメッセージとは?

みんなで楽しく/ムラマサ☆
ファーストマキシ『SUMMER OF LOVE』とセカンド『HECTIC!!!!!!!!』はオリコンインディーズチャートで1位に。そしてファースト・フルアルバム『twinkle』も絶好調のムラマサ☆は、楽しさが魅力の8人組スカ・ポップ・バンド。渋谷AXで行なわれたライヴリポートを交え、彼らの魅力を余すことなくお届け!!


BACK NUMBER


No.10 の詳細


No.09 の詳細


No.08 の詳細


No.07 の詳細


No.06 の詳細


No.05 の詳細


No.04 の詳細


No.03 の詳細


No.02 の詳細


No.01 の詳細

☆バックナンバーの購入方法

【巻末特集】

歌い続けてきた男だけが語れる世界

クレイジーケンバンド「横山 剣」

クレイジーケンバンド8枚目のアルバム『GALAXY』のリリースを境に、華麗なる"赤ちゃんがえり"を図った横山 剣。新たなステップを踏み出したこの機会に、さまざまな思いを語ってもらった。剣さんの原点から現在に至るまで、そして「イイネ!」の本質に迫る


仕かけ人たちが語る達成感と挫折

「手作りフェスティヴァルの現場」

フジロック、サマソニなどの大型フェスもすっかり定着。そんななか、今こそ注目したいのが"手作りフェス"。ビジネスのからまない音楽好きのためのお祭り。そこから生み出される熱には大型フェスが失ってしまった音楽の真実がある

15人の音楽職人

音楽の世界を支えるさまざまな"音楽職人"。独特の価値観やこだわりで切り盛りするプロの職場は、音に生きる者たちの闘いの現場でもある。音楽の世界を支えるさまざまな職人たちを密着リポート

レコード会社の仕組みを徹底解剖

レコード会社ってよく耳にするけど、CDやDVDを作っているところ…?と、実際どんな会社なのか、その会社の仕組みが明らかにされる機会は少ない。そこで謎を探るべく、業界大手ワーナーミュージック・ジャパンに潜入

音楽ギョーカイ職種図鑑

音楽業界のさまざまな職業を7つのジャンルに分類。"図鑑"とはいうものの、"ギョーカイの人々"の生息地、生活環境、収入を解明…と、ふつうの図鑑とはちょっとちがう。キミの目指す夢がどこにあるのか探してみよう

アルバイトから始まる音楽業界攻略法

音楽を仕事にするために大事なのは音楽業界に飛び込んでステップアップしていくこと。実際にアルバイトから始めた先輩達のアドバイスを中心に、音楽業界で正社員になるための攻略法を解説していく

音楽の場からメッセージを発信

「ごみゼロナビゲーション」

ミュージックフェスティヴァルで起こるごみ問題に取り組む非営利団体A SEED JAPAN。なぜ彼らは活動の場に"フェス"を選んだのか。音楽をエネルギーに変え、メッセージを発信する、その活動の根底に迫る

盲目のシンガー「木下航志」

朗らか、前向き、楽天的。どこにでもいる17歳。これまでいろんな人に助けられてきたから、今度は歌で恩返しをしていきたい。ハンディキャップをもプラスに変え、木下航志は音楽に思いを託す

音に生きるNo.01
2006.10.30


最新号紹介へ



contentsに戻る