音楽業界マップ

コンサート系

興奮のステージをつくり出す影の立役者
「コンサート系」の人々。
アーティストの魅力を最大限に引き出し、
オーディエンスのボルテージをあげる

ライティングエンジニア
さまざまな光を用いてステージを視覚的に演出するのが照明の仕事。コンサートを盛り上げるのには欠かせない存在
PA
PA(パブリック・アドレス)。音響機器を操り、会場のどこにいても"いい音"がオーディエンスに届くように、またアーティストが演奏しやすいよう音響システムを作る

 

 

舞台美術製作
ステージをオブジェや幕などを用いてデザインし、イベントを効果的に盛り上げるのが仕事。プランニングから図面起こし、部材集め、設営、バラシまでを行なう
ローディー
コンサートやイベントなどにおいてミュージシャンの楽器の搬入・搬出、チューニング、メンテナンスなどを行なう。ミュージシャンのクセを知っており、ツアーに同行するのが一般的

 

 

舞台監督
コンサートのイメージに沿った舞台作りの全体の進行を管理。ステージ全体を把握し、音を妨げず、危険がないように細心の注意を払う
コンサートプロモーター
コンサートの企画から実施、チケットの配券、プロモーションまで、コンサートをトータル的につくりあげていく。予算やスケジュール管理、スタッフの手配なども重要な仕事



■コンサート系 その他の仕事事
*特殊効果製作者:紙吹雪や花火、スモーク、ドライアイスなどのさまざまな効果を仕掛け、ステージを盛り上げる
*レセプショニスト:チケット切りや客席案内からトラブル対処など会場で観客への対応をする
etc.


contentsに戻る